記事元:「スポーツ」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム) (2019-10-09 20:02:10)
米国、バイルスが歴代最多の金メダル15個!最高J難度を美しくまとめた/体操
 体操・世界選手権第6日(9日、ドイツ・シュツットガルト)団体総合で5連勝の米国の中でも輝きは別格だった。昨年4冠のシモーン・バイルスが段違い平行棒を除く3種目で全選手最高点をマーク。金メダルの歴代最多を15個に伸ばし、女子メダル21個はホルキナ(ロシア)を抜いて単独トップになった。